THE COVER NIPPON

> > ARITA EPISODE 2

2016年9月5日

In 1616, Japan’s first porcelain was fired in Arita, and 2016 is the 400th birthday of this important event.

As a major porcelain production area, from the very beginning, Arita experienced an ever increasing demand from all over Japan for its new and beautiful porcelain ware. Later, right through to the 18th century, massive quantities of Arita porcelain were exported by the Dutch East India Company (VOC) to foreign countries, where it was enthusiastically received by royalty and came to adorn many a European palace. On display at the Paris World Exposition 1900, Arita porcelain was awarded the Medaille d’Or (gold medal); Arita porcelain has won many accolades over its long history.

Our predecessor’s exceptional skills and passion, coupled with a rich cultural climate have helped inspire the development of this superb porcelain. In recent years, however, with diversified lifestyles and quickly changing times, the industry has faced a variety of challenges and today stands at a major crossroads.

About Photograph by Seiji Takeda

Over the next century, we will proudly continue the previous traditions, but not rest on our laurels, rather we will promote a style of monozukuri * that meets the demands of today, and moreover, we must spread the beauty of Arita porcelain all over the world. We view our first 400 years as our foundation years and EPISODE 1, a chapter now coming to a close; we invite the reader to turn the page and enjoy a new story EPISODE 2. We feel we have just been passed the baton by our predecessors, and now in this next leg of the race we must, in response to our modern challenges, establish a new future to rejuvenate Arita porcelain.

To create a new appreciation and value for Arita porcelain, ARITA EPISODE 2 will focus on a variety of projects under three key concepts: “innovation,” “rebranding,” and “nurturing creators.”

We have branded the next-generation Arita porcelain products as “ARITA”; this demonstrates our determination to spread the presence of Arita porcelain all over the world, and leave a great artistic legacy to posterity. Please keep your eyes open for the exciting adventures in ARITA EPISODE 2, the story of the new Arita porcelain, overturning conventions and challenging perceptions.

*Art of manufacturing.

20160907_03

1616年、有田の地に日本で初めて磁器が誕生し、2016年で400年を迎えます。

有田は磁器の一大生産地として、誕生当初より日本全国から需要が高まり、続く18世紀にかけ、オランダ東インド会社(VOC)によって海外輸出も盛んに行われ、ヨーロッパの宮殿を彩りました。1900年のパリ万博への出展ではメダーユドール(最高名誉賞)を受賞するなど、語り継がれる実績がいくつもあります。

先人たちの優れた技術と想い、そして豊かな風土が、有田焼の発展に灯をともしつづけてきました。しかし近年、時代の変化に伴うライフスタイルの多様化などにより、さまざまな問題を抱え、大きな岐路に立たされています。

来るべき次の100年に向け、これまでの伝統を受け継ぎながらも、過去の名声に慢心することなく時代に沿ったものづくりを進め、さらにその魅力を世界中に発信していかなくてはなりません。礎となった400年を「EPISODE 1」と位置づけたうえで、一旦この物語に区切りを付け、新しい物語「EPISODE 2」を紡いでいく。現代に生きる私たちが、今まさに先人たちからのバトンを受け、さまざまな課題に直面しながらも有田焼に変革を起こそうと、新たな歴史を築きはじめたところです。

ARITA EPISODE 2において、私たちは3つの考えを柱として取り組みます。一つは、既成概念にとらわれることなく、有田焼の新しい価値を生み出していく「イノベーション」。デザインなどの面で外部からの視点を積極的に受け入れ、さらに素材や生産技術について研究開発を行い、持続して革新的な商品開発に挑みます。

そして、数ある陶磁器の中でも有田焼の卓越した技術と品質の素晴らしさを伝え、有田の再評価を促す「リブランディング」。先祖から脈々と受け継がれているものづくりと、時代の変化に合わせた商品づくりを重ね、有田焼らしさで世界を魅了します。

さらに、世界で求められる有田焼を生み出すため、優れた職人やデザイナーなど、有田焼の未来を担う「クリエイターの育成」とともに、有田の地に世界で活躍する人材が集う“ものづくりの聖地”を目指し、その基盤づくりを行います。

これから生み出されていく次世代の有田焼の商品を「ARITA」と銘打って、有田焼の存在を世界中に知らしめ、必ず後世に残すという私たちの決意を示します。従来の概念を覆し、さまざまな側面からチャレンジを始めたこれからの有田焼の物語「ARITA EPISODE 2」にご注目ください。

THE COVER NIPPON NY

MENU

CLOSE