THE COVER NIPPON

> > 西陣織の美術館

2017年3月24日

美しいきものを纏う喜びは何にも代えがたいものです。今回は日本一の帯の産地「京都西陣」から著名な画家の絵を写した帯を数多く取り揃え、伝統に裏打ちされた技術と、その芸術性をお愉しみ頂きます。同時に西陣屈指の技術を誇りNHK「美の壷」にも出演された「とみや織物」の工場長・馬場洋次郎氏をお招きし、帯にまつわる「楽しく、為になるお話」を伺います。あなたの魅力をより一層引き出すエッセンスが散りばめられたお話は、きっとお役に立つことでしょう。

20170324_01_02

【とみや織物】
とみや織物の帯のルーツは明治元年創業、近代西陣織の黎明期に初代・冨家伊助(とみいえいすけ)の手によって伝えられたとされています。現在七代目、代々伝統を受け継いでいる西陣老舗の織元です。洋の東西の名画を織ったシリーズや、黄金の繭で織り出したもの、紹巴織など、袋帯だけでなく九寸帯や半巾帯、フォーマル帯からカジュアル帯まで、製作している帯は多岐に渡り、意欲的に新しい商品開発を手がけ、現在も西陣を代表する織元として活動しています。

着物の愉しみ

MENU

CLOSE