THE COVER NIPPON

> > 4月 祭月:白色(しろいろ)

2017年4月1日

0401_main

4月 祭月:白色(しろいろ)

4月 祭月:白色(しろいろ)

あらゆる波長にわたる可視光線を反射するもっとも明るい色。

古事記に使われている白・黒・赤・青は日本で文字に記された最古の色の表現と考えられています。古代の日本人にとっては、白は清浄無垢、潔白を表し、神事に関係のある神聖な色として特別の存在で、白は至上の色でもありました。

純白の輝きから漆黒の闇までを表す白と黒は、無彩の世界にありながら豊潤な色です。明暗の感覚しか持たないこれらの色は、すべての色を含んでいるとも考えられ、色の根源であり、色が発生する原点と言えます。

ー 美しき匠の技 NIPPONと暮らすー
THE COVER NIPPONは、この春10周年を迎えました。この「白」のように特別な存在となるよう、 原点に立ち返り、四季折々の自然の中で感性を磨き生まれた「匠の技」、日本各地の風土や風習が息づき、現代のつくり手の思いが込められ日本のモノづくりを、これからも皆様にお届けします。

THE COVER NIPPON ONLINESHOP いろのなまえ

MENU

CLOSE