THE COVER NIPPON

> > 9月:夜長月 蕎麦切色(そばきりいろ)

2017年9月1日

夜長月 蕎麦切色(そばきりいろ)

ごくわずかに黄みの明るい灰色

蕎麦切とは、普段食している日本蕎麦のことです。元々蕎麦は、米のように粒で食べるか、粉にして団子にして食べていました。その後、麺としての食べるようになり、麺状にした蕎麦を、「蕎麦切り」と呼んでいました。

新蕎麦は2種類あります。夏に収穫された蕎麦の実によってつくられる「夏新(なつしん)」、そして秋にとれた蕎麦の実による「秋新」です。味も香りも秋新がすぐれていると言われています。

今秋も、蕎麦通たちが、首を長くして秋新の到来を待っています。

THE COVER NIPPON ONLINESHOP いろのなまえ

MENU

CLOSE