THE COVER NIPPON

> > 桜雲(おううん) 春をまとう 横浜スカーフ

2018年3月30日

季節のモノがたり

清明

すべてのものが清らかで生き生きとする季節、若葉が萌え、花が咲き、鳥が唄い舞う、生命が輝く季節の到来です。この頃は桜の花が咲き、日本中の景色がほんのりとやさしいさくらいろに染まります。季節の花に思いを寄せて楽しむお花見は、家族や仲間が集う、日常の中のちょっとした「ハレ」の日なのかもしれません。 私の中の桜の景色は、校庭に咲く桜の木の下で撮影された、両親との写真を想い出します。最近はあまり見かけなくなりましたが、卒入学時にきものに黒の羽織の母親の姿を目にしたものです。黒の羽織と桜の花、大切な日を厳かに祝ってくれているかのようで、子供ながらに特別な日として想い出に残っているのでしょうか。

春をまとう

今回、ご紹介する横浜スカーフは、ひとつひとつ様々な“職人の手”によって、手間をかけることを惜しまず、丁寧な作業を重ねることで生み出された「手捺染」「手巻き(縫製)」の美しいシルクスカーフです。 少し畏まった、そして晴れやかな、春の気分をやさしく包んでくれるかのようです。

 

THE COVER NIPPON オンラインショップでこちらの商品がお買い求めいただけます。

THE COVER NIPPON ONLINE SHOP 季節のモノがたり

MENU

CLOSE