THE COVER NIPPON

> > 6月:涼暮月 夏椿色(なつつばきいろ)

2018年5月30日

涼暮月 夏椿色(なつつばきいろ)

夏の朝に咲く夏椿のような、清涼感あふれる白い色。

夏椿は初夏から梅雨の候、椿に似た白い花を咲かせることから名付けられました。朝に咲き夕べには純白の五弁の花が落花する一日花。夏椿のぱっと咲いて潔く散る様は、一期一会の意味を持つとされ、古くから季語などに使われ親しまれています。

また、お釈迦様が入滅した故事で名高い沙羅双樹(さらそうじゅ)に似るところから、沙羅(しゃら)とも呼ばれ、京都の寺院など沙羅双樹になぞらえて夏椿をよく植えています。
「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす…」
平家物語の冒頭でうたわれた沙羅双樹は夏椿のことで、平家の白旗と同じ花色の一日花であることから、平家一門の栄枯盛衰を表しているのでしょう。

夏の早朝に白い清純な花をつけ、午後には、もう美しい苔の上に落ちる夏椿。 涼やかな夏の朝、白い夏椿をもとめて散歩に出かけてみませんか。

THE COVER NIPPON ONLINE SHOP いろのなまえ

MENU

CLOSE